ケイのblog

愛媛県の宇和島出身。現在は横浜市で会社勤務。NHK連続ドラマ『エール』裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)の主人公とその他ドラマ登場人物をモデル、古関裕而と妻金子の史実と時代背景を比較しながら、このブログでもっとドラマが楽しく見られたらいいなと思っています。

NHK朝の連続ドラマ『エール』■音の母、光子(薬師丸ひろ子)の台詞「二人が接吻しているのを見ちゃったの。汽車はもう走りだした。止まりません。…頭はダメって言ってるけど、心はいいって言ってるの。だから私は認める」こんな無茶苦茶な台詞。テレビドラマで観たことはありません。明かにテレビ劇場芝居■面白いです。私が勝手気ままに書いているブログです。でひ読んでみてください。

カテゴリ:芸能人 > 高倉健

ブログネタ
「高倉健」 最も印象に残っているものは? に参加中!
「また一人 古い人間がいなくなりました。世の中、ジャニーズだAKBだと形ばかりを追い求めていますが、どこに美しい心があるんでしょうか」







「総選挙、総選挙と騒いでますが、原発の責任はとらない、年金の責任はとらない。全て自分の利益だけじゃありませんか。どこに男のけじめはあるんでしょうか。」







「人を騙して金を取る、弱い者をいじめて楽しむ、どこに男の道はあるのでしょうか。」







「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ
新しいものを欲しがるもんでございます。
どこに新しいものがございましょう。
生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、
右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。」







何から何まで 真っ暗闇よ
すじの通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
ばかと阿呆の からみあい
どこに男の 夢がある




ブログネタ
「高倉健」 最も印象に残っているものは? に参加中!


ツイッター分析:「解散」「総選挙」は「高倉健」に遠く及ばず




毎日新聞世論調査室18日のツイート(投稿)を解析。






「解散」という単語を使った人は3.2%



俳優の高倉健さんについてつぶやいたツイート8.4%



やはり、高倉健さんの逝去の衝撃は大きかった。



毎日新聞は無作為抽出した1万ユーザーのツイートから調査。






ブログネタ
「高倉健」 最も印象に残っているものは? に参加中!
高倉健さんの魅力ってなんだろうか?ふと、考える。


いつでも、どこでも前向きに真剣に取り組む姿勢なのか?








健さんがタバコのLarkのCMをやってた時のことだ。 


以前はヘビースモーカーだった健さんだったが 当時は一切吸っておらず あくまで仕事として割り切って受けたのだ。 


…にも関わらず、健さんはCM期間中 いつもワイシャツの胸ポケットに Larkを入れ、薄らと見えるようにしていた。







一番大事な自分より、大事に思える人がいる。

不思議ですね。人間って。

SPEAK LARK

言葉より語るもの。




ブログネタ
「高倉健」 最も印象に残っているものは? に参加中!
高倉健さんの『居酒屋兆治』の映画もいい。



高倉健さんの朴訥とした飲み屋の主人も素敵でしたね。







でも、この映画は昔の恋人の大原麗子がとても美しく綺麗です。



大原麗子の姿に見惚れていました。



最後に兆治の奥さんの一言が胸に残ります。



人の想いは止められないもの…




高倉健さんも亡くなり、大原麗子さんも既にいません。




昨日は菅原文太さんも亡くなりました。







こうして時が流れていくんですね。

ブログネタ
「高倉健」 最も印象に残っているものは? に参加中!

南極物語は制作段階で問題がありました。






「そんな犬がうろうろするだけの映画で人が呼べるのか!」


今までほとんど動物だけの映画なんてなかったのです。


先行き絶不調だった映画。



だからこそ大物俳優を主役添える必要があった。


このストーリに似合う、人が呼べる、第一級の俳優と言ったら、高倉健しかいなかった。


望みを託し高倉健に打診してみると


「ぼくは寒いところはもう十分なんですよ」


「八甲田山」に「動乱」、「駅」に「海峡」と立て続けに寒い場所の映画ばかり。




まず寒いのはちょっとしばらくはいいかな、という思いがあった。


それに南極は寒くて危険な場所


ただ、ある言葉によってロケに参加する決心をします。


その言葉とは

「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」


 高倉健の座右の銘です。


たとえどんな過酷な状況に身を置こうとも

自分の進むべき道

人生を精進し

必ず訪れる死を忍び

後悔のない最期をむかえる






高倉健『南極物語』は封切り後、大ヒットとなります。



「南極物語」について高倉健は後に「映画はボクのすべて」と語っています。



★高倉健座右の銘


★『幸福のハンカチ』が最高ですね。





↑このページのトップヘ