ケイのblog

愛媛県の宇和島出身。現在は横浜市で会社勤務。NHK連続ドラマ『エール』裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)の主人公とその他ドラマ登場人物をモデル、古関裕而と妻金子の史実と時代背景を比較しながら、このブログでもっとドラマが楽しく見られたらいいなと思っています。

NHK朝の連続ドラマ『エール』■音の母、光子(薬師丸ひろ子)の台詞「二人が接吻しているのを見ちゃったの。汽車はもう走りだした。止まりません。…頭はダメって言ってるけど、心はいいって言ってるの。だから私は認める」こんな無茶苦茶な台詞。テレビドラマで観たことはありません。明かにテレビ劇場芝居■面白いです。私が勝手気ままに書いているブログです。でひ読んでみてください。

カテゴリ:エール > 佐藤久志 山崎郁三郎 伊藤久男

 NHK連続ドラマ『エール』では佐藤久志(山崎郁三郎)と藤丸(井上希美)

藤丸「(久志に腕を絡め、指輪を見せ)婚約しました。(一同祝福)ありがとうございます」

 久志

「僕という存在が、誰か1人だけのものになる日が来るとは」

 藤丸

「何を人ごとみたいに。そっちが求婚してきたんでしょ?」

 久志

「君が早く言えって顔をするから」

 藤丸は裕一が作曲した「船頭可愛いや」を歌った芸者・歌手。戦後、自暴自棄の生活を送る久志を支えたのが藤丸だった。

 裕一が作曲した全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」を歌い、復活した久志にキザなプリンス節も戻った。

 ああ、良かったね。久志君も藤丸さんも幸せそうで良かった。って声も聞こえてきますが。

 ちょっと待って、なんでドラマでは久志と藤丸が婚約するの?

 これは流石にやり過ぎでしょう。

藤丸と音丸の史実のモデルは明確にわかる。

 藤丸の「船頭可愛いや」は1935(昭和10)歌手:音丸 作曲:古関裕而のは当時の誰も歌い誰もが知っていた昭和のヒット曲。

 藤丸=音丸 

 昭和の歌謡界の音丸と明確に想像できます。

 昭和初期のスター、1969(昭和44)より1970(昭和45)テレビ東京「懐かしの歌声」で「船頭可愛いや」「博多夜曲」「戦線夜曲」「銃執りて」を歌っています。

 佐藤久志の「栄冠は君に輝く」は歌手:伊藤久男 作曲:古関裕而は1948(昭和23)「夏の高等学校選手権大会の歌」としてはラジオでも放送され誰でも知った昭和のヒット曲。

 佐藤久志=伊藤久男

 この方はさらに明確に昭和の大スター伊藤久男だと直ぐわかります。

 彼も同じ番組で「イヨマンテの夜」「あざみの歌」「山のけむり」「ひめゆりの塔」等を歌っていました。

 伊藤久男に関してはNHK紅白歌合戦に11回も出場した昭和歌謡界の大スターです。大勢の熱烈なファンがいまだにおられます。

 しかも1978年昭和53年に紫綬褒章受賞章、1982(昭和57年)には第24回レコード大賞特別賞受賞。受賞式の模様がテレビで放送されています。

 伊藤久男も音丸も昭和の有名なスター、歌手なのです。

 日本の音楽界の歴史の中に残る有名なお二人なのです。

 しかし、古関裕而夫婦がモデルのNHK連続ドラマ『エール』では、婚約もしたこともない二人をあえて名前を変えてドラマで婚約させてしまう。こんな権利がNHKにはあるのでしょうか。

 戦後、お二人がつきまあって婚約したと言う事実は全くありません。

 NHKは佐藤久志と藤丸としたから、フィクションですよ、ただの朝ドラですよと言っても許されるものではないでしょう。

 伊藤久男さんにも音丸さんにも多くのファンがおり、家族や親族の方が大勢おられNHK連続ドラマ『エール』を楽しみに観ておられます。

 えっ、これってなんなの。朝ドラって事実を勝手に書き換えて楽しければいい、面白ければいいと言う番組なのと思った人は多いはずです。

 若い方は生まれていなかった方が多いですから、SNSで藤丸さん良かったね。とか久志おめでとうとか語り合っていますが、年配の方は、音丸や伊藤久男のファンは朝ドラを観て藤丸って音丸じゃないの?佐藤久志って伊藤久男じゃないの?「船頭可愛いや」って誰が歌ったの?「栄冠は君に輝く」は誰が歌ったの?と頭の中は混乱してしまいます。

 なぜ、昭和の歌謡界のスターを名前を変えて敢えて史実とは違ったドラマを作るのかNHKは制作の意図を教えて欲しい。

 これでは音丸さんと伊藤久男さんの名誉を傷つけていると言われてもいたしかたないし、言い方は悪いですが、「NHKは歴史詐欺をしている」こう言われてもしかたがないように思えます。



 NHK連続ドラマ『エール』では佐藤久志(山崎郁三郎)と藤丸(井上希美)がドラマでは戦後の苦しいときに久志の心の支えとなり、なんだか良い仲となってます。二人の恋の発展はなんだか気になりますね。

史実モデル「音丸」と「伊藤久男」はどうだったの?

 史実のモデルは「栄冠は君に輝く」を歌った伊藤久男、「船頭可愛いや」を歌った音丸なのは明確なのでしが、ドラマと史実は全く違っています。

 NHK連続ドラマ『エール』の脚本かがどうして、こんな展開にしたのか考えてみると、ドラマに出ている俳優や女優に合わせて、朝ドラの進行に合わせてドラマを設定しているからとしか思えません。

 残念ですが、朝ドラの脚本家は史実はほとんど無視のご都合主義に走っています。

 さて話しを戻しますと、史実の音丸と伊藤久男の接点はあったのかと言うと

 音丸は1906128日生まれ、対して伊藤久男は191077日生まれ、音丸が4歳年上となります。

 伊藤久男が「栄冠は君に輝く」をレコーディングした1949年では音丸43歳、伊藤久男39歳です。

「浮かれおぼこ」「観光音頭」「玄海ぶし」等、戦前にデュエットしていたようで少しは恋愛関係もあったかも知れませんがどうもその他には接点は見つかりませんでした。

 ドラマの藤丸と佐藤久志の恋愛物語は全くの創作と思われます。

俳優山崎郁三郎とモデル伊藤久男はタイプが違う

 山崎郁三郎の戦後の悲惨な姿は出て来ましたが、モデルの伊藤久男とはタイプが全く違っています。

伊藤久男は豪放磊落な性格で酒をこよなく愛し、誰からも「チャーさん」の愛称で慕われた。

 一方で、異常なまでの潔癖症で常にアルコールを含ませた脱脂綿を消毒のために持ち歩き、また、閉所恐怖症のためエレベーターには乗らなかったといわれています。

 俳優、山崎郁三郎とは別のタイプの歌手だったようです。

 また、伊藤久男の歌に勇気を与えられた人も多いと思いますが、「ワシは世の中のために歌おうと思ったことは1回もない。お金のためです。1曲吹き込むと15円。それが欲しくて歌っていただけですよ」と述べています。かなり残念な発言もあったようです。

 これでは朝ドラの山崎郁三郎のイメージとは全く合わないので、かなり史実とドラマを変えたのかも知れません。

 NHK連続ドラマは史実とは全く違っていますので、くれぐれも古関裕而夫婦と関連の歌手、作曲家、作詞家が史実だとは思わないで下さい。

『エール』はフィクションとして、古関裕而夫婦の史実とは全く違った物語として楽しくテレビではご覧いただきたいと思います。

 NHK連続ドラマ『エール』甲子園球場に佐藤久志の歌声が響き渡りました。

image

※戦後初甲子園球場開会式 朝日新聞より

雲は湧()き 光あふれて

天高く 純白の球は 今日ぞ飛ぶ

若人よ いざ

まなじりは 歓呼に答え

いさぎよし 微笑(ほほえ)む希望

ああ 栄冠は 君に輝く


風を打ち 大地を蹴()りて

悔ゆるなき 白熱の力ぞ技ぞ

若人よ いざ

一球に 一打に()()けて

青春の 讃歌を綴(つづ)

ああ 栄冠は 君に輝く


空を切る 球の命に

通うもの 美しく匂える健康

若人よ いざ

緑濃き 棕櫚(しゅろ)の葉かざす

感激を 目蓋(まぶた)に描け

ああ 栄冠は 君に輝く


 山崎郁三郎、渾身の歌声でした。

最高。感動しました。なぜか涙まで。

 これこそ朝ドラの中で一番のシーンとなりました。やはり最高の歌手の真実の歌声を聴くのは幸せです。

 音楽よりも至上のエンターテイメントはないですね。

 佐藤久志モデルの伊藤久男の原盤の歌声よりも良かったかも知れません。

 この瞬間、NHK連続ドラマ『エール』を観てきて良かったなと思いました。

 ありがとうございました。このシーンを作ってくれた山崎郁三郎さん、製作者、演出家、全てのスタッフに感謝します。


 古関裕而と伊藤久男『栄冠は君に輝く〜全国高等学校野球大会の歌』レコードは録音:194969日、194971日本コロムビアにて販売されました。


 オリジナルレコードでは伊藤久男は歌詞の2番「♪一球に一打にかけて」を「一打を賭けて」と歌っています。


 NHK連続ドラマ『エール』では主人公、古山裕一と鉄男が藤丸に連れられて佐藤久志の家を訪れると、久志(山崎郁三郎)はすっかりかわりはてた姿になっていました。

 プリンス久志とは思えない姿に。どうしたんでしょうか。久志の目には昔の輝きもありません、早く戦後の苦しい思いから立ち直って、心に炎の火を灯して欲しいものです。

 佐藤久志のモデルは伊藤久男です。伊藤久男と言えば「イヨマンテの夜」でしょう。今日はその代表曲「イヨマンテの夜」の話しをしてみたいと思います。

「イヨマンテの夜」

 伊藤久男の代表曲「イヨマンテの夜」はNHKのラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の劇中の山男をテーマとした演奏曲として、古関が作曲し1949(昭和24)に発表されています。

 奥多摩の山奥で木材を切っている木樵(きこり)が歌詞のない歌を口ずさむ「アーアー」だけのメロディだったが、菊田と古関が気に入り、ひとつの作品として残すことになりました。

 レコード化にあたり、ドラマの脚本を書いた菊田が後から歌詞を加えた。

 当時、彼はアイヌの作品を手がけていたため、アイヌ的な単語を当てはめて作りました。

 「アーホイヨー」の歌い出しは雄叫びにも似て、伊藤が朗々と歌い上げます。

 なんと木樵の口ずさみがアイヌの「熊まつり」、「イヨマンテの夜」になった瞬間でした。

 「アホイヤァー」の叫び声に度肝を抜かれ、そして「イヨマンテ/燃えろかがり火/ああ満月よ/今宵熊祭/踊ろうメノコよ」の後、間奏、そして「ああー」と続きます。

 「イヨマンテの夜」作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而、歌手:伊藤久男とコロンビア合唱団でレコードが販売されました。

 リズム的にも大変難しく、男性的な歌謡曲の典型。

 古関裕而「派手で劇的な効果に男性的な豪快さがあり、男性なら一度は歌ってみたくなる曲である。が、難しいことも第一級で、リズムが十六分音符と八分音符の二拍子系なのに、メロディには三連音符が多く現れる二対三の変則的なリズムをいかに歌いこなすかが問題で、作曲にその面白みをねらってある。」と述べています。

 レコード会社は「こんな難しい歌は売れっこありませんよ」と見捨てて、ポスター一枚作成しなかった。

 しかし、このレコードが売れたのです。大ヒットとなりました。

 ヒット曲はわからないものです古関裕而と菊田一夫が樵の「アーアー」だけから作った曲がヒットするんですから。

 ヒットすると思ってもヒットしなかったり、ヒットしないと思った歌が意外とヒットするものみたいです。

 ヒットには歌手、伊藤久男の声量と迫力がある歌声があったのは間違いないことだと思います。

 1950年から1952年頃の『NHKのど自慢』ではほとんどの男性出場者がこの曲を選択し、審査員を困らせたということです。

「ああー」カン。

「ああー」カン。

 なんだか鐘一つのため息のようにも思える「ああー」でした。

 当時の「のど自慢」の風景が見えるようです。()

 音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。

Music should strike fire from the heart of man, and bring tears from the eyes of woman.

ベートーベン

 古関裕而作曲の「イヨマンテの夜」は男の心から炎を打ち出すものだったようです。


 

 NHK連続ドラマ『エール』では佐藤久志(山崎郁三郎)が酒浸りの状態から、夏の甲子園の大会歌「栄冠は君に輝く」を歌い上げて復活するまでを描か

 佐藤久志の史実モデルは歌手の伊藤久男です。

 史実の伊藤久男はドラマと違っているのか?

伊藤久男の戦後

 伊藤久男は戦争中、『暁に祈る』『熱砂の誓い(建設の歌)』などの戦時歌謡で一世を風靡しました。

 昭和18年、赤紙が届くも痔の悪化で入院した病院の医師が伊藤のファンで、その計らいで、軍役を解かれ。

 その後は故郷の福島へ疎開。吹き込み、慰問時の度、上京していました。慰問先の山形で終戦を迎えます。
 戦後は、戦時歌謡を歌ったことでGHQに捕まるのではと恐れ、酒に溺れます。

 当時物資不足のため、メチルアルコールをしこたま飲み、声も人相までも変わってしまっていました。

 自分でも「再起不能」と語っていたほどです。

 古関裕而の助けもあり、1947(昭和22)「夜更けの街」で歌手に復帰しています。

暗い酒場の ダイスのかげに

ひょいとのぞいた 地獄の顔よ

煙りふきかけ 笑ってみたが

どこかさびしや 心の隅で

すすり泣くよな 胡弓のひびき

戦後の暗い自分のことを歌ったような歌詞です。

 作詞は菊田一夫、作曲は古関裕而の黄金コンビでした。

 「夜更けの歌」は松竹映画「地獄の顔」(マキノ雅弘監督)の劇中歌でした。

 映画「地獄の顔」はディック・ミネの歌う主題歌「夜霧のブルース」(作詞:島田磐也、作曲:大久保徳二郎)のほか、「長崎エレジー」(歌:ディック・ミネ、藤原千多歌、作詞:島田磐也、作曲:大久保徳二郎)、「雨のオランダ坂」(歌:渡辺はま子、作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而)、「夜更けの街」(歌:伊藤久男、作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而)の4曲が使われており、今見ると随分贅沢なラインナップで、これらの曲はいずれも大ヒットしました。

 この映画の劇中歌に友人の伊藤久男を推挙し伊藤久男を歌手として復帰させたのは古関裕而でした。しかも作詞は菊田一夫です。菊田一夫も彼の復帰に一役かっていました。

 古関の友達をなんとか以前のような歌手に復帰させたいとの思いがひしひしと伝わってきます。

 やっと復帰した伊藤久男は「イヨマンテの夜」で再び人気が再燃。「あざみの歌」「山のけむり」といった抒情歌も見事に歌いこなし、ヒットさせたのです。

 1948(昭和23)古関裕而が作曲した「栄冠は君に輝く」のオリジナルレコードの歌手は伊藤久男でした。

 「栄冠は君に輝く」は合唱団の歌よりも夏川りみの歌より、どんな歌手の歌よりも伊藤久男の歌が1番だと思います。

 佐藤久志役のミュージカルプリンス山崎郁三郎も綺麗な声で惚れ惚れしてしまいます。伊藤久男が歌った「栄冠は君に輝く」を山崎郁三郎だったらどんな風に歌うのか、なんだかとても楽しみです。

↑このページのトップヘ