ケイのblog

愛媛県の宇和島出身。現在は横浜市で会社勤務。NHK連続ドラマ『エール』裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)の主人公とその他ドラマ登場人物をモデル、古関裕而と妻金子の史実と時代背景を比較しながら、このブログでもっとドラマが楽しく見られたらいいなと思っています。

NHK朝の連続ドラマ『エール』■音の母、光子(薬師丸ひろ子)の台詞「二人が接吻しているのを見ちゃったの。汽車はもう走りだした。止まりません。…頭はダメって言ってるけど、心はいいって言ってるの。だから私は認める」こんな無茶苦茶な台詞。テレビドラマで観たことはありません。明かにテレビ劇場芝居■面白いです。私が勝手気ままに書いているブログです。でひ読んでみてください。

カテゴリ:わろてんか > キース・アサリ

NHKの連続テレビ小説「わろてんか」は第20週「ボンのご乱心」を放送。


風太(濱田岳さん)は北村笑店の未来のため、キース(大野拓朗さん)とアサリ(前野朋哉さん)のコンビ解散を決める。


アサリを大阪、キースを東京に置き、それぞれ新しい相方と組ませることで、東西から漫才を盛り上げたいという風太の考えにてん(葵さん)は……


<明日のわろてんか>213日 第111回 風太の決断にてんは? 全ては北村笑店と漫才の未来のため

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000021-mantan-ent


朝ドラマは風太( 濱田岳 )の考えでコンビが解散を決定されました。


今日はアサリ・キースのモデルと言われるエンタツ・アチャコはどうだったのか?みてみます。


史実モデルのエンタツ・アチャコもコンビ解消を言い渡されていました。


エンタツ・アチャコのコンビ解消の真実。


生活の実感を漫才にしたエンタツ・アチャコは東京でも受け入れられ、「早慶戦」の二人の漫才がラジオで放送されるや二人は全国的なスターとなってゆきました。


エンタツ・アチャコが人気絶頂期に吉本せいと林正之助はで二人のコンビを解散させたのです。


アチャコが中耳炎で入院した時のことでした。


アチャコが退院したとき、エンタツはすでにエノスケという新しい相方とコンビを組んでいた。


エンタツ・アチャコがコンビで舞台に立っていたのは、結局4年にも満たなかったことになる。


なぜなんだろうか?


全く解せない話しです。


真相は二人のギャラにありました。


林正之助は次のように語っています。


「エンタツは小利口です。アチャコと組んで漫才をやっているより、エノスケを連れてやるほうがトクやと考えたんです。アチャコとなら、です。ひとつのもん半分やらんならんが、エノスケなら自分が七分取って三分でおさまる。それで私に話をしてくれというてきたんです。しゃあないから、アチャコにいうたら、びっくりしてふるえよりました。せっかく、ええ漫才ができて、人気が出てきてるんですからな。アチャコがかわいそうでした」


ところが吉本興業の演出家だった竹本浩三は

全く違うことを語っています。


「林正之助は、アチャコが入院した時、エンタツにコンビのギャラの配分が五分五分であることを吹きこんだ。


プライドの高いエンタツはネタを作っているのは自分なのに、その配分はおかしいと怒り始める。林正之助の思惑どおりだった。」


これによれば林正之助は随分、悪者である。


真実はどちらだろうか?


今はもう誰も生きていませんからわかりません。


林正之助はアチャコにかつての相方である千歳家今男に会って、再びアチャコとコンビを組むよう説得したと言われています。


エンタツはアチャコの後は、杉浦エノスケとコンビを組んだ。


杉浦エノスケはチャップリン、ロイドの影響を受け、ちょびヒゲと眼鏡で親しまれた人物です。


NHKの連続テレビ小説「わろてんか」に登場する芸人キースの人物づくりで参考とされた一人です。


あとからそのことを知らされたアチャコは泣いたという。


全くアチャコにとっては一方的な納得できない出来ごとでした。


花菱アチャコは


「無茶苦茶でござりまするがな」


とつぶやいた。


のちにこの台詞が一世を風靡します。


こうして新たに生まれたエンタツ・エノスケ、アチャコ・今男のコンビは、ともに人気を得たが、それでもエンタツ・アチャコの漫才を期待する声はやまない。


林正之助は、その点も計算済みだった。


映画出演のときのみコンビを復活させたのである。


ずっと吉本興業に振り回されっ放しだったエンタツ・アチャコの二人だが、戦後の運命は明暗が分かれてしまう。


エンタツが徐々に人気を失っていったのに対して、アチャコは映画やラジオでピンの出演が増え、全国的な大スターの道を歩み続ける。


功成り名遂げたように見えるアチャコだが、当然吉本興業に対しては複雑な感情を持っていたと言う。

アメリカから帰国した啄子は、てん(葵わかな)や藤吉と久しぶりに再会し、大きく成長した北村笑店を見て驚く。


つかの間の家族団らんを楽しむ啄子は、藤吉にある思いを告げる。


また、庶民の生活の中に万歳のネタがあることを実感したキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)だが、それを上手く新しい万歳の形にすることができずじまい。


そこでてんが、万丈目(藤井隆)に台本を書いてもらうことを思いつく。


『わろてんか』第94話では、懐かしの“あの人”が再登場!

https://beauty.yahoo.co.jp/enta/articles/833373


アメリカの「しゃべくり漫才」がエンタツアチャコの原点だった。


アメリカでは当時「二人組の漫才」がありました。


戦前から戦後すぐのあたりまで、テレビやラジオで全国的な大人気コンビが活躍していました。


ボケ役とツッコミ役がはっきりと分かれた形式のしゃべくり漫才でした。



IMG_1670
( アボット・コステロ )


漫才のビートたけしは「早慶戦」という野球のネタは、「アボット・コステロ」の「Whos On First?」が元だといっています。


海外の笑いと、昔からの万歳をうまく融合させて誕生したのが漫才であると


漫才の歴史は非常に奥深い~「たけしの“これがホントのニッポン芸能史”」より

http://taidan.org/?p=907


ではアメリカの「アボット・コステロ」の「Whos On First?」をちょっとみてみましょう。


■ Whos On First


昔々、セントルイス・カーディナルスにWhoという変な名前の選手がいたらしい。


それにヒントを得て"Who's on first"という漫才が作られ、アボット&コステロのコンビが演じて大ヒットした。


「一度聞いただけじゃさっぱりわからない。二度三度聞くうちに少しずつわかってくる」

ラジオ時代の漫才だ。


ルーズベルト大統領が笑い転げたという噂も広まり、おりからの野球ブームにも乗って、アボット&コステロは大スターになっていった。


野球チームを作ろうというアボットの提案で野球を始めるのですが、監督役のアボットがこう言います。


アボット「ファーストはフー、セカンドはワット、サードはアイドントノーだ」


するとバットを持ったコステロはこう聞き返します。


コステロ「え、誰が誰だって? 名前を教えてくれよ」


アボット「ファーストがフー、セカンドがワット、サードがアイドントノーだって」


コステロ「だから、ファーストは誰だって?」


アボット「フー」


コステロ「ファーストだよ」


アボット「フー」


コステロ「こっちが聞いてるんだよ! ファーストの名前は何だ!(What's the name of the guy on the first?)」とキレます。


アボット「いや、ワットはセカンドだ」


コステロ「じゃあセカンドは誰(Who)なんだ?」


アボット「フーはファーストだよ(who is the first)」


コステロ「知らないよ(I don't know)」


アボット「アイドントノーはサードだってば」とこれを繰り返すという漫才です。


Who(誰)、What(何)、I don't know(知らない)という名前の選手たちという設定です


確かにWhoWhatさらにはI don't knowさんと言う名前がいたら笑えてしまうかも知れませんね。


image
( エンタツ・アチャコ)


エンタツアチャコの早慶戦


「きみ」「ぼく」という言葉を使い、日常的な話題を題材とし、なかでも有名な演目が『早慶戦』でした。


野球を知ってる者が知らない者に説明する、というネタである。


アチャコ「投げました」


エンタツ「投げました」


アチャコ「打ちました」


エンタツ「打ちました」


アチャコ「大きな当たり」


アチャコ「セカンドを回ってサード」

エンタツ「セカンドを回ってサード」


アチャコ「サードを回ってホーム」


エンタツ「サードを回ってホーム」


アチャコ「ホームを回ってレフト」


エンタツ「ホームを回ってレフト・・・なんでやねん」 


ボケとツッコミと言葉の繰り返しのスピード感。


ほんとアメリカの「しゃべくり漫才」と同じようです。


アメリカに行った横山エンタツがどちらかで「しゃべくり漫才」を目にしていたものだと思われます。


「笑い」の究極は会話のキャッチボールにある。


アメリカの「しゃべくり漫才」が日本の「しゃべくり漫才」のお手本としてあったようです。


アメリカも日本も国が違えど同じ人間でしかないのです。


人間の中でも何がおかしいのかって?


それは他の動物にはない言葉があることです。


結局、「笑い」の究極は会話のキャッチボールのある「しゃべくり漫才」にあるのだと言うことなのです。


アメリカの「しゃべくり漫才」は衰退し日本では現代も大流行しています。


歴史ってほんとうにわからないもんですね。

NHK連続ドラマは風太は、新しい万歳をみつけるべく、キース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)と一緒になってさまざまな試行錯誤を始める。


どつき万歳とは違う、しゃべりだけの万歳という新機軸を打ち出して、万丈目(藤井隆)に台本を書かせることを思いつく。


キース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)の史実モデルは横山エンタツ・花菱アチャコです。


image
( 横山エンタツ・花菱アチャコ )


寄席の芸を変革しろ!


横山エンタツ・花菱アチャコの漫才革命


今までの万歳は歌や踊りつきで、わい雑で下品、落語や浪曲より低い扱いを受けていました。


これを二人のコンビで「しゃべり」だけでやってみようと言うのです。


横山エンタツ「ぼく、うたもおどりもようしませんねん。一回、しゃべりだけでやってみませんか。」


しかし、舞台に上がりると言うとそうはいきませんでした。


客席に不穏な空気


日本に於いては「芸能」とは、踊る、舞う、歌うことです。


「しゃべる」なんやそれはお客は「しゃべり」を求めていなかった。


万歳は踊って、舞う、歌うことです。


「しゃべりは」踊り、舞い、歌の繋ぎでしかなかったのです。


どないなっとんねん はよ歌え踊れ


ついにみかんを投げる客が出て、二人に投げられる。


しゃべり漫才をやるどころではなかった。


横山エンタツ 


「みかんの一斉攻撃を受けるとは、一世一代の不覚やな。」


すかさず切り返す。


花菱アチャコ 


「これがほんまのミカンせいや。」


現代でも「みかん」と「未完」をかけてるだじゃれで面白いのだが‥。


とにかく、これには舞台を降りるしかなかった。


昭和2年、エンタツはいったん漫才をやめてしまいアメリカに行ってしまう。


パーマの機械のセールスを始めるが、売れなかった。


浅草で別の相方と漫才をしていた。


林正之助が横山エンタツをスカウト


そこに、浅草でのうけないながらも斬新な漫才をしていたうわさを聞いた、吉本興業の総支配人林正之助(しょうのすけ)がスカウトに来る。


「エンタツさん、もう1回、まんざいやって見る気 ありまへんか。」


昔ながらの伝統芸になじみがない、モダンな客が寄席に来はじめる。


これまでの芸は時代遅れになる。


地方からの働き手、スーツ姿のサラリーマン。


大阪にモダンなカフェ、はげしいおどりのチャールストンがはやる。


横山エンタツは、花菱アチャコとコンビを組みたいという条件で引き受ける。


これがほんとの未完成、と言えた花菱アチャコとならできそうな気がする。


漫才革命など最初からうまくいくはずがない。


万歳からしゃべくり漫才へ、そんなにうまくいくはずがなかった。


「やーめとーけやい」とお客さんの1人が。


それがお客さん全員に広まる。


泣きながらを漫才やった。


今までのものをやめて新しいものたいへんなエネルギーがいるだろうと思う。


つなぎのためのしゃべりで、全部する。「えらい度胸」言うたらおかしいけど立派なもんだった。


今までだれもやったことのないことだからどこにもお手本がない。私たちは毎日が勉強だった。


花菱アチャコ著「遊芸稼人」より


どうすればなじみの客だけでなく、学生やサラリーマンまで笑わせることができるのか。


生活の実感を漫才へ


二人は銭湯に通よう。


内風呂が珍しかった時代。


汗を流すサラリーマン多い。


金融恐慌以来の不況。


賃下げ、人減らしでたまらない。


明るい声も。


「2人目 生まれたんやて?」


ぼくによう似た 美人ですわ


「そらアカンわ。」


身近な子どもや家族の話題はみな笑顔で話している。


ゆ横山エンタツ、花菱アチャコも小さな子どもの父親だった。


生活の実感を万才(まんざい)に――


新しい漫才を作るときに最も大事にしたもの。


大阪駅が舞台なら実際に大阪駅に行き、何番線からどこに? 混雑はどの程度? 客が「そうそう」と引き込まれるようにした。


生の面白さ


アチャコの長男 藤木吾朗生さんが、小さいころにおどろいたこと


「奈良見物」


二月堂から三月堂・・・猿沢の池 猿がいーっぱいでてきてね


いてるかい? 池の名前だけじゃないかいな


いやきみちょうどまんのええことにその日はちょうど猿回しの__(えいゆう?)会で


あんなよけいなことよう言うな


どんなことでも実地に歩いてそれを漫才に取り入れるから


客はイヤも応もなく乗ってくる


空想ではない


ナマのおもしろさをねらった


横山エンタツ著「わが心の自叙伝」


毎日が真剣勝負


昭和6年 満州事変 世相が暗い。


身近で生活観あふれる罪のない笑い、そしてスピード感のあるしゃべくり。


舞台での2人の丁々発止のアドリブも客の爆笑をさそいました。


アチャコはこう振り返っている。


話のアウトラインだけを決めてあとは舞台で芸をぶつけ合う。


毎日が真剣勝負だ。


次から次へとアドリブ、きのうときょうで話が違う。


そしてそれが積み重なって洗練された内容になっていく。


継続は力なり


水戸黄門漫遊記


もろた そりゃけっこうや


なにをもろた?


大の男がもろたと言うたらたいがいきまっとるやろ


あ、カマボコか?


ネコやあれへんで


にょうぼやがな


女房もろた 何人?


ろくじゅうな、なに?


はじめは誰も相手にしなかったしゃべくり漫才が、デビューから1年で、トリの2人を見るまで誰も帰らないまでになった。


昭和6年 上方で最も格式のある南地花月の舞台に立つ。


上方を制した。


しかし、これでも2人は満足しない。まだ地域が近畿だけ。夢は全国制覇。


エンタツがこいしさんに、


「(電車で)すわって本読むのもええけども、つり革をもって(場所を)かわれ


お客さんの対話が聞こえるやろから、それをおぼえておけ


知ったふりをしてボケるんではなしに、ようものごとをしってからボケるのが本当のボケやで」


きいていただくということは、よっぽどしゃべるほうが気を使うてやらないといけない。


見せる漫才ではなく、聞かせる漫才。


横山エンタツ・花菱アチャコ漫才の全国制覇


昭和8 国際連盟脱退


ラジオに注目。


プロ野球のない当時、早慶戦


とくに臨場感あふれる松内則三の実況は大人気。当時、「大臣の名は知らなくても、松内の名は知っている」とまで言われた。


目の前で起こったことを次々に言葉にし興奮を巻き起こすスピード感


大人気だった。


どんなに大入りでも寄席の客にしか聞いてもらえない。


しかし、2人はラジオに出られない。ある事件が原因で。


昭和初期、吉本はラジオ出演禁止。寄席の客が減るから。


なんとか一流の芸人に出てほしいとNHK大阪が桂春団治に直接交渉。


「えー、お笑い種(ぐさ)を少々申し上げます。」ラジオに生出演。


吉本が怒り、会社に借金をしていた家財を差し押さえる。


差し押さえ証を口に貼った写真が新聞に。


吉本芸人はラジオ出演厳禁!!


東京のラジオ局で、落語や浪曲が人気。


放送網も整備されていた。


NHKが桂春団治事件で行き過ぎがあったことをあやまり、和解。


ユーモア放送 南地花月より中継


アチャコ 当日の心境


全国に聞いていただくのですから


いつもなら頭を押さえて「ここが痛い」でわかるところを


今日は「頭が痛い」といわんといけません。


いつものように笑っていただけますかなぁ


昭和9年6月10日


テンポ良く軽妙洒脱、誰もが知っている早慶戦をネタにとぼけるエンタツアチャコの漫才に


日本中がわきました


この日100万をこす人々が、家族や友だちと一緒に 思い切り笑いました


暗い世相を吹き飛ばす 全く新しい話芸の誕生を


全国の人が知った瞬間でした。


早慶戦のたいへんな人気とスポーツのテンポのよさ


流行と漫才の関係


横山エンタツ花菱アチャコ先生にも、秋田實(あきたみのる、漫才作家)先生にも言われましたけれども、


その時代時代のことを先に取れ


今の時代はこういうものがはやっている


おっかけていったのではおそいから先に行け


この次の時代はこういうことになるんやないか


よくわきまえてしゃべりはやらなイカン と言われた


先取りが、アドリブで入っていた。


横山エンタツ・花菱アチャコその後


花菱アチャコ入院で、人気絶頂の中コンビ解散。わずか4年あまりのコンビだった


戦後、2人は映画やラジオを活躍の舞台とする。


横山エンタツ 気まぐれショウボート など、ラジオのコント番組で人気を集める


復興そして豊かさをねがう人々に夢と笑いを届けました


花菱アチャコ ラジオホームコメディで12人の子を持つ明るい父親を演じた「お父さんはお人好し」


全国で大人気、放送回数は500回をこえた。


暮らしの実感や夢を大切にした軽妙な話術で笑いを振りまいた。


6 横山エンタツ死去 享年74歳


49年 花菱アチャコ死去 享年77歳


誰もが笑える漫才、大衆に愛される漫才を目指した横山エンタツ・花菱アチャコ


横山エンタツの晩年の言葉


昔を思い出すとずいぶん向こうみずなこともした バカなまねもした


しかし ぼくはいつも 人間を忘れることはなかったと思う


それこそ ぼくの人間としての生き方だと自負している


NHK連続ドラマ「わろてんか」ではキースが関東大震災に会い北村笑店の風太がキースを探しに行くことになりました。


東京に到着した風太はガレキの山の中でキースと再会することができました。


キースはその時「東京のお母ちゃん」志乃と一緒でした。


その数日後、キースは志乃を連れて大阪に戻って来ました。


志乃と伊能の間になにかありそうですが、なにがあるんでしょうか。


ところで話しはかわりますが今日はドラマのテーマでもある笑いと漫才について話してみたいと思います。


笑いとは


地球上で「笑うこと」ができるのは人間だけです。


どんなに動物好きな人でも、笑うハトや笑う金魚は見たことがありません。


笑うことは、人間の長い進化の過程の中で、生きていくために欠かせないものとして生まれ、引き継がれてきました。


最近では、副作用がない薬として、「笑い」が医学的にも認められています。


ガンを治したり、脳を活性化させたりすることはもちろんですが、生活習慣病やエクササイズ効果もあるなど、笑いが健康に良いのです。


お笑いについて


テレビ番組でのお笑いM-1等や寄席でふだん見ているお笑いって、フォーマット化された中での笑いです。


わたしたちは漠然と画面や舞台を観て笑って楽しんでいますが、あれはあくまで、お笑いを見にきている観客に対しての「ショー」なんですね。


その中でも漫才はコンビが順番に出てきて行儀よくネタを披露して、視聴する側はある程度、流れを予測しながら見ています。


ある特定のルールに基づいて行われているのがお笑いなんです。


お笑いのルーツは横山エンタツ・花菱アチャコにあります。


お笑いのルールを確立させたのが横山エンタツ・花菱アチャコなのです。


NHK連続ドラマで登場しているキーツとアサリが史実モデルの横山エンタツ・花菱アチャコにあたります。


現代社会や情勢のことを面白おかしく、ボケて鋭く突っ込むしゃべくり漫才のスタイルを作ったのが横山エンタツ・花菱アチャコなのです。

ダウンタウンの漫才と横山エンタツ・花菱アチャコは酷似していた。


日本の芸能史に精通し、江戸川大学で教鞭をとる、モノホンの「お笑い評論家」西条氏が次のように指摘したことがある。


ダウンタウンの漫才を眺めているうちに、コンビのバランスや各々の資質が吉本興業の大先輩に当たるエンタツ・アチャコと酷似していることに気がついたと言う。


横山エンタツ・花菱アチャコは1930年から 34年にかけて活動していた漫才師だ。


しゃべくり漫才を確立した漫才コンビである。


漫才のルーツとコンビとダウンタウンには、どんな共通点が見られたのか。


二組の類似点を一言で言うならば、ボケ役の松本とエンタツは「深さの人」であり、ツッコミ役の浜田とアチャコは「広さの人」であるということになるだろう。


『ともに天才型の芸人と言える松本とエンタツの作り出す笑いは、鋭角的で深い。


その笑いを浜田とアチャコが大衆に分からせ、広める役割を担う。


「深さの人」と「広さの人」が揃っていれば、漫才コンビとして、これほど強いことはない。』


確かに言われて見れば面白い指摘である。


心から笑える漫才師


横山エンタツ・花菱アチャコからダウンタウンへお笑いの歴史は移り変わっている。


現代の人が観て面白いなと思う漫才も、大正

の人が面白いなと思う漫才も違いがないが、心から笑える漫才とはなかなか出会わないものである。


人を笑わせると言うことは結構難しいものである。


テレビ番組の中に最近もいろんな漫才師がでてくるが、なかなか心から笑える漫才師はいないものである。


ダウンタウンも現在では漫才をすることはなくなってしまったが、新しいコンビの漫才師がでて心から笑わせてくれることを望んでやまないのです。


↑このページのトップヘ