ケイのblog

愛媛県の宇和島出身。現在は横浜市で会社勤務。NHK連続ドラマ『エール』裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)の主人公とその他ドラマ登場人物をモデル、古関裕而と妻金子の史実と時代背景を比較しながら、このブログでもっとドラマが楽しく見られたらいいなと思っています。

NHK朝の連続ドラマ『エール』■音の母、光子(薬師丸ひろ子)の台詞「二人が接吻しているのを見ちゃったの。汽車はもう走りだした。止まりません。…頭はダメって言ってるけど、心はいいって言ってるの。だから私は認める」こんな無茶苦茶な台詞。テレビドラマで観たことはありません。明かにテレビ劇場芝居■面白いです。私が勝手気ままに書いているブログです。でひ読んでみてください。

カテゴリ:話題 > 紅白歌合戦

ブログネタ
話題のニュース に参加中!


2015年も後数時間で終わりです。





日本レコード大賞は既に終わり、残った音楽イベントは紅白歌合戦だけたとなりました。

日本レコード大賞は新人賞にこぶしファクトリー、大賞は三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEでした。

でも、感動もワクワク感もありません。新人デビューして3ヶ月で名前も知らないグループが新人賞、大賞は取るだろうと誰もが思っていた三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE。

なんだか出来レースではないでしょうか?

どこに、感動やワクワク感を持てると言うのでしょうか?

ただ、事務所の力関係で決まる賞レースなら、なぜ大衆の前にその賞レースを晒す必要があるのだろうか。





日本レコード大賞や紅白歌合戦はやらない方が良い。

音楽業界は欺瞞とインチキの世界でなりたっているのなら、そんな内はの世界など誰も見たくはない。


2012年「これが日本の音楽業界の現状です」という服部克久氏の発言が物議をかもした。


その状況は今年もなんら変わっていない。


今年の音楽ランキングは三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
とAKB48と嵐だらで、どうなのか」という問題である。


商業としての音楽なので売れてナンボの話である。それはわからないわけではないが、それがここまで来るのは酷すぎるだろうと言うことである。


音楽は人々の生活を豊かにし、楽しませてくれるものである。


純粋に音楽を楽しめなくなったら、日本の音楽は崩壊するしかない。





ブログネタ
ひとりごと に参加中!
NHKとは何なのかと考えた?






NHKとは唯一の自分勝手な放送局である。


受信料だけは必ず口座から落ちる。


放送を見ようと見ないと関係ない。


言葉は悪いが、NHKを見ないのに受信料だけを取られているのは、やらずぼったくりではないか?


NHKの主張はこうだ。


NHKが視聴者のみなさまの要望に応えることを最大の指針として放送を行えるのも、受信料制度によって財政面での自主性が保障されているからです。


これって、ほんとうなのか?







NHKで年に1回の最大な歌番組、紅白歌合戦の参加歌手が決まった。


紅白歌合戦



NHKの主張している、みなさまの要望はいったいどこにあるのだ


なぜ、この歌手が選ばれ?

なぜ、この歌手が落ちるのか?

なんの、ヒットもない歌手が毎年なぜ、選出されるのか?


ももクロ・百田、紅白への思いつづる「もう泣きつかれた」


きゃりー紅白落選で泣く



これでは、落ちた歌手も、受信料を払っている国民も納得出来ない。


不思議以外の何物でもない


NHK、プロデューサーの選出の説明



総合的判断?


何の説明もしていない。


結局は、NHK側が好き勝手に選んだのだから、誰も文句をつけるなと言っているだけだ。


みんなの要望されていない歌手を選ぶのあれば、きちっとした説明責任があるのではないのか。


これでは、受信料の払ったお金を返せと言われてもしかたがない。


やはり、NHKは日本で唯一の自分勝手な放送局であった。




和田アキ子はなぜ毎年、紅白に出場出来るのか

↑このページのトップヘ