ケイのblog

愛媛県の宇和島出身。現在は横浜市で会社勤務。NHK連続ドラマ『エール』裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)の主人公とその他ドラマ登場人物をモデル、古関裕而と妻金子の史実と時代背景を比較しながら、このブログでもっとドラマが楽しく見られたらいいなと思っています。

NHK朝の連続ドラマ『エール』■音の母、光子(薬師丸ひろ子)の台詞「二人が接吻しているのを見ちゃったの。汽車はもう走りだした。止まりません。…頭はダメって言ってるけど、心はいいって言ってるの。だから私は認める」こんな無茶苦茶な台詞。テレビドラマで観たことはありません。明かにテレビ劇場芝居■面白いです。私が勝手気ままに書いているブログです。でひ読んでみてください。

カテゴリ: お正月

横浜中華街(神奈川県横浜市中区)で中国の旧暦のお正月(旧正月)を祝う2017年の「春節(しゅんせつ)」が始まりました。




2017年横浜中華街春節


http://www.chinatown.or.jp/event/celebration/201610_03/ 



中華街は凄い人混みです。




日本の元旦にあたる「春節」当日に伝統の獅子舞「採青(ツァイチン)」。


「採青」というのは、「青菜を採る」という意味のようです。


青菜が獅子の大好物だそうで、お祭りのときは店の前の高いところにぶら下げられます。


今は青菜のかわりに紅包(ほんぱお)という赤い祝儀袋がぶら下げられるみたいです。





各店の富貴吉祥や商売繁盛、五穀豊穣を願って白や黄色などの5頭の獅子が、各店舗一店一店を周り獅子舞が披露されました。




お店の前で獅子は舞を踊り、店の中へ、そして店から出て最後にまた、舞を踊る。





獅子舞の周りは人でごったがえしています。


スマホのカメラがあちこちで獅子舞に向けられ、もの凄いことになっています。


中国語の会話や英語の会話があちこちで聞こえます。


賑やかな爆竹や、銅鑼・太鼓の音が鳴り響き、横浜中華街全域が華やかな「春節」独特の雰囲気に包まれました。




爆竹は、「邪気を祓い、福をもたらすもの」で、獅子舞と共に爆竹を鳴らすとご利益が何倍にもなるそうですが、うるさいだけでなく、けっこう煙も出ます。


中華街の春節は店の人も観光客も楽しみなお祭りです。


2階の窓から獅子舞をスマホに撮る、店のおじさんの表情がなんとなく面白い。




おじさんが赤い紅包をぶら下げて獅子が来るのを待っています。


ぶら下げられた赤い紅包。




 


下に獅子が来たみたいです。




おじさんも周りの観客も一斉にスマホで写真。





おっと、獅子が伸び上がった。





獅子が赤い紅包、祝儀袋を取りました。




大満足な獅子の嬉しそうな顔‼︎





颯爽と獅子は次の店へと向かいます。


横浜中華街は春節のお祭り真っ只中でした。




お正月は結構、食べ過ぎてテレビを見てるとお尻からプッーっておならが






「臭い」って家族から言われたので


なんか、へんなもの食べたのかなと思ってしまいました。


でも、お尻からでる「おなら」ってなんなんでしょうね。


それも匂いがあったり、なかったりほんと気分屋です。



おならとは


世界大百科事典


【屁】より


俗に〈おなら〉ともいう。


消化管内から肛門を経て体外に排出される気体のことで,嚥下された空気,食物や消化液中の炭酸水素塩が酸と反応して生じる炭酸ガスCO2 ,腸内細菌による腸内容物の発酵や腐敗で発生する種々のガスおよび血中や組織から拡散してくるガス(肺から血中に入るガスも含む)などに由来する。


おならのメカニズム


飲み込んだ空気は、多くがゲップとして排出されますが、残りは腸に送られます。


体内で発生するものは、消化の過程で生じるもの、腸内細菌が酵素分解することよって生み出されるものなどがあります。


おならには、酸素、窒素、二酸化炭素などあらゆる成分が含まれています。


調べてみると、おならは、飲み込んだ空気が7割、残りの3 割ほどは体内で発生した空気が合わさったものだそうです。


ほとんどが空気なんですね。


ただ体内で発生したガスが合わさるので匂いがつくようです。


おならが出やすい食べ物は


食物繊維が多いもの


なかなか消化されず、腸内に残りやすいため、酵素分解によるガスの発生が増える。例えば、ゴボウ、サツマイモ、リンゴ、キャベツなど。


発泡飲料


ビールや炭酸飲料などの発泡系飲料も、おならが出やすくなるといわれている。


おならを出さないための4 つの対策


食べ方や普段の生活の中で、おならを防ぐことができます。


1.よくかんでゆっくり飲み込む


食事のときには、よくかんで消化器官へと空気をできるだけ送り込まないようにしましょう。


2.腸をマッサージしてガスを出す


お腹周りのマッサージやお腹の温めにより、腸の動きが活発になって、おならが出やすくなります。お腹が張って苦しい場合には、ガスはどんどん出しましょう。


3.便秘をなくすために腸内環境を整える


腸内に食べた残りかすが長くとどまり続ければ、それだけおならが出やすくなります。発酵食品を摂るなどして腸内環境を整え、便秘を解消するように努めましょう。


4.においで食べ物を見直す


もしにおいが気になる場合、食べ物を見直しましょう。悪臭は、悪玉菌が多いことが1つの原因として考えられます。乳酸菌や食物繊維を積極的に摂りましょう。


「おなら」のエチケット


正月そうそう、あちこちでプッープッーするのもどうかと思います。


少しは「おなら」を防ぐようにしたり、出す場所を考えたりして気をつけた方が良いようです。


おならをしたいならお風呂の中で思う存分


昔し、お風呂の中で歌った「おなら」の歌がありましたね。


お風呂の中で「おなら」をするのが一番、プカプカお湯の中から「おなら」が飛び出して楽しいかも知れますん。


「ひとつ 一人でするのを単独おならと申します プッカプ 遠慮要りません プッカプ♪」 


「ふたつ 風呂でするのを水中おならと申します プッカプ お湯が濁ります プッカプ♪」 


「みっつ みんなでするのを集団おならと申します プッカプ 誰か判りません プッカプ♪」 


「よっつ よそでするのをよそ行きおならと申します プッカプ 音が致しません プッカプ♪」 


「いつつ いつもするのを常習おならと申します プッカプ 開きっぱなしです プッカプ♪」 


「むっつ 無理にするのを強制おならと申します。プッカプ 実が出ます。 プッカプ♪」 


「ななつ 並んでするのを行列おならと申します プッカプ 塀が倒れます プッカプ♪


「やっつ 山でするのを木こりのおならと申します プッカプ 猿が真似します。プッカプ♪」 


「ここの 転んでするのを回転おならと申します プッカプ 技術要します プッカプ♪」 


「とお 飛んでするのをジャンプおならと申します プッカプ うさぎ真似します プッカプ♪」 


北鎌倉の円覚寺の掲示板




帰家穏坐(きかおんざ)


へえっ、粋なことを書いてるなと嬉しくなりました。


帰家」とは我が家に帰ることで、自分の落ち着きどころのこと。


穏坐」とは安穏に座ることで、休みの姿です。


我が家に帰り、心を落ち着かせ休むことを「帰家穏坐(きかおんざ)」と言います。


みんな、正月休みは実家に帰ったり、故郷に帰ったり、または温泉や催しもの、海外旅行に出かけた人、ほんと慌ただしくばたばたと過ぎてしまいます。


しかも、帰りは帰省ラッシュ。


ほんと疲れてしまっています。


明日はその疲れを持ったまま仕事に向かうと思うと、みなさまさぞかしお疲れさまでございます。





江戸時代に指月慧印(しげつえいん)禅師という方がいました。


ある人に「休みとは何でしょうか?」と質問され、「家郷(かきょう)に向かうが如し」と答えました。


「家郷(かきょう)に向かうが如し」とは我が家に帰り、心を落ち着かせ休む「帰家穏坐(きかおんざ)」と同義です。


わが故郷に帰ることが休みだと示されています。


何もしないで怠けることではありません。


わが故郷に帰ることは、自分が自分に帰ることです。


自分自身をみつめること、自己究明に取り組むことが本当の休みなのです。


「帰家穏坐」今日は我が家でゆっくりとお休み下さい。

成田山新勝寺に行って来ました。




成田山新勝寺のパンフレットには次のように記載されています。


「成田山は御護摩」といわれる様に、御護摩の霊験利益は数かぎりなく、江戸元禄より歌舞伎の成田屋市川団十郎丈・市川海老蔵丈をはじめ多くの人々かわ成田山の不動明王を信仰しています。


真言宗智山派大本山成田山金剛王院新勝寺の御本尊不動明王は、嵯峨天皇の勅願により弘法大師空海がみずから敬刻して開眼し護摩法を修せられた尊像です。


京都の高雄山神護寺に奉安されておりましたが、天慶2年( 939 年) 平将門が反乱を起こすと朱雀天皇の密着を受けた寛朝大僧正は、この尊像とともに関東に下り、下総の国、成田の地にて 21 日間平和祈願の御護摩を修めました。その満願の日、天慶3年( 940 年)214 日に兵乱は平定され、この地に新勝寺の寺号を賜わって成田山が開山されました。




この成田山新勝寺パンフレットの説明はなんだか面白い話しではありませんか?


成田山新勝寺の歴史は今から1077年前の平将門の乱から始まっているらしいんです。  


平将門の人物は実際はどうだった


平将門は「陰陽道」の漫画や映画で見た京都の都や朝廷を襲う悪霊ですよね。


安部晴明が正義の味方なら平将門は悪のボスキャラです。


しかし、平将門は実際は「関東の民衆の英雄」だった。


現代もそうですが、その当時も世の中は不条理で満ちていた。


平将門は元服後に、大志を抱いて都に上ります。


しかし、「どう頑張ろうと藤原氏しか出世できない」世界。


実力もあり、人望もあった平将門でも官位・官職を得られない。


都での出世を断念し、郷里下総の国(現在の千葉県、茨城県)に帰ります。


故郷では叔父である平国香に預けておいた自分の土地が叔父に横取りされていました。


将門は仕方なく少ない領地からスタートして、その領土を広げていきます。


その領地をまた叔父の国香に狙われます。まさに「仁義なき戦い」です。


弱肉強食の世界でした。


「酷い」も「倫理観」もありません。


しかし、将門は強かった。


叔父の国香を破り、叔父は命を落とします。


裏切りあり、密告あり、利害で付いたり離れたり


関東という、都から見たら辺境の地「平氏という同族の争い」です。


平安中期、朱雀天皇の御世に、平将門が関八州を制圧して親皇を名乗ります。


朝廷の搾取から関東を解放してくれる領民の期待や支持が平将門に集まります。


平将門にはあっと言う間に兵馬も集まりました。


しかも、平将門は領土経営もスムーズだった。


彼は関東全域を押さえ、その力は都をも窺える程になっていました。


天変地異の続く平安の世の中に突如、東の「平将門の乱」、西の「藤原純友の乱」が同時に起こります。


東西の兵馬の乱れが不穏な世の原因であると朝廷から討伐の対象とされてしまいます。


朝廷は高僧を集めて「朝敵」調伏の祈祷を始め、藤原秀郷(俵藤太)と平貞盛連合軍を将門討伐のため、下総の国に派遣します。


「新皇」を名乗ってから二カ月余りの後、平将門は、藤原秀郷・平貞盛連合軍に討たれてしまいます。


この当時の「戦闘」は主に弓を打ち合う戦いで、風上が圧倒的に有利となります。


平将門軍は風上から連合軍を攻撃し、優勢だったようですが、勝利を確信した時に風が逆の向きに変わったそうです。


形勢はたちまち逆転し、平将門はその額に弓矢を受けて最期を迎えます。運が悪いとは言えますが、自然現象の事ですから。


藤原純友の乱も鎮圧されます。


将門の「首」は都で晒されますが、この首が様々な伝説を生み出します。将門の首は腐りもせずに夜な夜な、自分の身体を求めて叫んだとか、関東に向かって飛び去ったとか


そこに見える将門像は「関東の民衆にとっての英雄、救世主」。


「新皇」を名乗る姿は「革命児」。


しかし、朝廷から見れば「天下の大罪人、朝敵、賊」となります。


平将門がよほど恐ろしかったのでしょう。


平将門は世の中の最強の悪霊キャラにされてしまうのです。




さて、話しをもとに戻します。


成田山新勝寺が設立された由来


平将門が東国で939年に天慶の乱を起こしたとき、嵯峨天皇は仁和寺の寛教僧正にこの不動明王と宝剣を授けて東国へ下り、朝敵降伏を祈るように命じたのです。


僧正は公津原(新勝寺のある場所か)に護摩壇を築き、懸命に修していたところ、護摩の炎の中に将門が現れたそうですが、修法が終わるころ、将門の戦死が告げられたということです。


護摩の修法が終わり、不動明王像を京に持ち帰ろうとしましたが、この像がビクとも動きません。


さらに不動明王が僧正の夢枕に立ち「この地に留まって人々の災難を救い、安寧を与えたい」とのお告げがあったといいます。


そこで僧正は急遽戻って天皇にその旨を奏上したところ、天皇は国司に命じてこの地に堂を建て、戦勝にちなんで新勝寺と名付けたということです。


成田山新勝寺は平将門を討伐する目的が原因で設立された寺です。


神田明神は平将門を祀った神社


京都市の「京都神田明神」にある小さな祠には、「平将門の首を晒した所」と云う由緒書があります。


討死した将門の首は京都に晒し首となり、何か月も腐らず夜な夜な「もう一度戦おう」と叫び続けたと云われた場所なのです。


また一説にこの晒し首は、五体を探すために関東目指して飛び去り、途中で力尽きて地上に落下したと云われています。


これが関東各地の首塚伝承が出来上がった理由なのですが、その中でも最も有名なのが千代田区大手町の首塚で、その後江戸で流行した疫病が将門の祟りであると云われたほどの怨霊でした。


この将門の怨霊を鎮めるため供養を行い、1309年に将門を祀ったのが、当時首塚近くにあった神田明神なのです。


平将門の祟り


1923年( 大正 12 )の関東大震災で全焼した大蔵省庁舎の再建のため、首塚を壊して仮庁舎を建設した僅か 2年の間に、大蔵大臣を始め関係者14名が亡くなり、それ以外にも多くの怪我人・病人が続出したことから仮庁舎を取り壊したことが始まりです。


戦後になり米軍が首塚を取り壊し始めたところ、重機運転手が横転し亡くなったことから工事を中止しています。


更に昭和の高度成長時代、首塚の一部が売却され、その地に建った日本長期信用銀行の首塚に面した行員が次々に病気になる事態が発生し、お祓いしたという話があります。


しかし約1000年後の現代でも、今だに平将門祟りなどと言われているとは本人はどう思っているのだろうか?


なんだか平将門さんに話しを聞きたくなりますね。


平安時代の関東の英雄、平将門は日本で初めて晒し首にされた人間だった。


それにしてもイエスキリストと言い、平将門と言い、無念な死に方をした人はいつまでも思い続けられるのか。




成田山新勝寺の穏やかなお正月


2017年のお正月、成田山新勝寺の穏やかなお正月でした。


本殿の拝殿では多くの人々が家族の健康や幸せを祈っていました。


誰も約1000年前の出来ごとを知っている人などはいません。


そこには、ただ日本の平和なお正月の風景があるだけでした。





「ありがとう」の対義語は何だかご存知ですか?





「ありがとう」は漢字を当てれば「有り難う」となり「有り難し」という事。


「有り難し」とは有るのが難しい事、つまりめったに無い事。


「ありがとう」の対義語は「あたりまえ」なんだそうです。


へえっ、そうなんだ。


「ありがとう」の対義語は「あたりまえ」なんだ。


ふと、不思議な感覚に陥りました。


毎日、毎日、仕事と仕事で追われていて


家庭だ子供だと家事と家庭に追われていて


会社に行くことも、日々の生活も全て「あたりまえ」ですませてしまっていることに気づきました。


それでも、会社に不満を持ったり、子供だ家族に不満を持つ自分がいます。


どんどん自分で「あたりまえ」を作って、それさえも不満を持ったりします。


「あたりまえ」がエスカレートした日々の日常


それっておかしくないですか?


だって毎日、毎日生きていけることが


日常を健やかに過ごせこと


それだけで「有り難い」事なんです。




災害等の報道に接した時には、「有り難い」と思いますがすぐに忘れてしまいます。


せっかく頂いたこの命、人生を豊かなものにするのは他ならぬ自分自身です。


その限りある命の中で「あたりまえ」を増やしていく事は、自らで自らの命を薄めてしまっているのではないでしょうか?


世の中に「あたりまえ」のことなどないのです。


全てのことが、小さな積み重ねから出来あがっているのです。


日常の生活に感謝して「ありがとう」


家事を毎日していただける妻に「ありがとう」


毎日、元気でいてくれる子供に「ありがとう」


事に当って「ありがとう」という気持ちで臨むからこそ稔りのある豊かな人生を送れるのではないでしょうか?


「人を看るのは只だ後の半截を看よ」


( ひとをみるのはただのちのはんせつをみよ )


と言う中国の諺があります。


日々が加速度的に過ぎ去っていく毎日


これからが自分の人生を決めるのだとの思いで、「あたりまえ」のとらえ方で日々を過ごさない様、自らを見つめ直してみてはいかがでしょう。


↑このページのトップヘ