ケイのblog

愛媛県の宇和島出身。現在は横浜市で会社勤務。NHK連続ドラマ『エール』裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)の主人公とその他ドラマ登場人物をモデル、古関裕而と妻金子の史実と時代背景を比較しながら、このブログでもっとドラマが楽しく見られたらいいなと思っています。

NHK朝の連続ドラマ『エール』■音の母、光子(薬師丸ひろ子)の台詞「二人が接吻しているのを見ちゃったの。汽車はもう走りだした。止まりません。…頭はダメって言ってるけど、心はいいって言ってるの。だから私は認める」こんな無茶苦茶な台詞。テレビドラマで観たことはありません。明かにテレビ劇場芝居■面白いです。私が勝手気ままに書いているブログです。でひ読んでみてください。

カテゴリ: 渋谷

39() 二子~溝の口 歴史ウォーク

講師:東原信行氏(大山街道ふるさと館 副館長)に行ってきました。

田園都市線 二子新地で930分集合し、スタートです。総勢40人結構な大人数となりました。


二子新地駅は、昭和52年まで「二子新地前」だったそうです。車掌さんの「次は~二子新地前~」という車内アナウンスが ふたごしんじまえ~(双子死んじまえ~)」と聞こえるということで 双子をもつ親御さんから抗議が殺到し、今の「二子新地」となったと言われています。


二子新地はかつて大山街道(矢倉沢往還。赤坂御門から渋谷、瀬田を経て二子で多摩川を渡り、足柄峠手前の矢倉沢関所に至る脇街道)の渡し場があった場所です。

多摩川の架橋は、江戸幕府防衛上の関係から東海道の主要街道といえども、永らく架橋が制限され、渡し船による渡河が続いていたそうです。

多摩川の土手での東原講師の説明

IMG_2334


土手をあがった近くにおかも岡本かの子の文学碑「誇り」

IMG_2336


彫刻の台座には「この誇りを亡き一平とともにかの子に捧ぐ 太郎」という制作者で長男の岡本太郎の銘が刻まれ、「としとしにわが悲しみは深くしていよよ華やぐいのちなりけり」かの子の歌が刻まれていました。

平成の今の時代に物や金だけでない精神的な心の充実こそ必要ではないでしょうか。

わが「いのち」はいま華やいでいるだろうか磨いているだろうか。

と思っていると直ぐそばこんな看板が

IMG_2335


二子新地に豚子新地?()

二子新地に豚子新地?()

二子新地に豚子新地?()

えっ何?

トンカツ屋さんみたいです。

このネーミング面白い。

笑える。

やはり今は平成でした。(そろそろ終わりますけどね)


二子の川沿い(現在の二子神社~新二子橋)に芸者遊びができる、 置屋や割烹ができていたことから新地という俗名になりました。 

いわゆる遊郭的なものもあったようです。一大歓楽街でした。 

戦後のお客は橋を越えた映画の俳優(世田谷・砧の映画撮影所) が多かったようです。

二子新地の旅館

IMG_2343


まるで昔に戻ったようです。

今でも営業をされています。

二子新地から溝の口まで大山街道を 歩きました。昔から続く飯島商店大釜口上 この釜こそは、あのNHKテレビ大河ドラマ「黄金の日々」に出演した根津甚八ふんする石河五右衛門を釜ゆでにした代物だそうです。

蔵造りの店、田中屋呉服店。釘は一つも使用していないとか。

大山街道の昔のようすを残した跡があちこちにみられました。

やがて溝口神社へ

溝口神社

IMG_2345


本日の散策はいろいろありすぎて語りきれませんが、溝の口の駅のそばに大山街道の大きな看板がありました。

IMG_2348


ほぼそれと同じコースでしたので参加されたみなさんで本日の歴史散策を振り返られたいかたは振り返ってみて下さい。

本日、参加していただいたみなさま参加していただいてありがとうございました。それから丁寧に説明していただいた東原講師、ほんとうにありがとうございました。

3時間の歴史散策。二子新地から溝の口までの大山街道にはさまざまな歴史が刻まれていました。それと近代の文学や物語の歴史が多く残されていました。

二子新地から溝の口までの歴史散策はとても楽しい思い出となりました。参加されなかったみなさまも二子新地から溝の口までの歴史散策をされてみてはいかがですか。

本日の講師、東原信行氏の大山街道ふるさと館のホームページをご案内します。

大山街道ふるさと館

http://furusatokan.web5.jp/


エンジョイ荏田塾たけのこクラブ

https://eda-eetc.com/



うどんと言えば関東は丸亀製麺の勢いが止まりません。





安くて美味しい。


しかも丸亀製麺は最近、うどん屋さんなのに天丼が食べられたり、親子丼が食べられたり、バリエーション増えてきた。




ほんと外食店としては最高のコスパ。


やるな丸亀製麺。




しかし、名前は丸亀でも丸亀製麺って四国のうどん屋さんではないんです。


丸亀製麺は兵庫に本社があるうどん屋さんなんです。


名前が丸亀とついてるだけに丸亀のうどん屋だと思っている人が多いと思います。


こんなエピソードもあります。


丸亀製麺は「丸亀」を商標登録して、丸亀市の老舗うどん店がヨーロッパに出店した時に、「丸亀うどん」としたことに、丸亀製麺がクレームをつけてきた事があり、速やかに丸亀を外さないと裁判すると強行手段に出てきました。


本末転倒ですが、これが世の中。


それに香川県民は猛反発。そして、丸亀製麺はクレームを取り消したのですが。

それ以来、丸亀製麺はガラガラ、賑ってた店舗も次々に閉店。


現在は丸亀市の丸亀製麺は2店舗だけだそうです。


話しはかわりますが、愛媛県松山の立花町をバスで走っていたらかめやうどんが閉店していました。


宇和島のかめや、松山のかめやうどんが発祥のようです。


関西はうどんで関東はそばの文化だと言われてきましたが、関東でもうどんの文化がだんだんと浸透してきつつあります。


関東でも宇和島のやまこうどんのようなモーニングうどんを出す店もでてくるかもしれません。


宇和島の朝のうどん


http://keijidaz.blog.jp/archives/71035946.html



渋谷の東急ビルに巨大なキャッチコピーがあった。




なんだ?


左側は




渋谷の文化はストリートから生まれる。


今ここを歩くあなたから生まれる。


東京海上日動のキャッチコピーだ。


なるほど


右側は




青春は10代の特権じゃない。


おっ‼︎


いいキャッチコピーじゃないか。


確か、岡本太郎も同じようなことを言っていた。


夢を見ることは青春の特権だ。


これは何も暦の上の年齢とは関係ない。


十代でも、どうしようもない年寄りもいるし、七十、八十になってもハツラツとして夢を見つづけている若者もいる。


だから年齢の問題ではないが、青年の心には夢が燃えている。」


青春とは10代~20 代の特権と思われているが、そんなことは無い。


そりゃそうだ。


何歳になっても青春なんだ。


私も「青春とは心の若さである」と言うサムエル・ウルマンの詩が好きである。


いつまでも若い心を持ち、情熱を失わず、何歳でも青春でありたい。


青 春      サムエル・ウルマン


青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方を言う。


薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、たくましい意志、ゆたかな想像力、燃える情熱をさす。


青春とは人生の深い泉の清新さをいう。


青春とは臆病さを退ける勇気、安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。


ときには20歳の青年よりも60 歳の人に青春がある。


年を重ねただけでは人は老いない。理想を失うとき初めて老いる。


歳月は皮膚にしわを増すが、情熱は失えば心はしぼむ。


苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い精神は芥にある。


60歳であろうと人の胸には、驚異に惹かれる心、おさなごのような未知への探究心、人生への興味の歓喜がある。


君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。


人から神から美・希望・喜び・勇気・力の霊感をうける限り君は若い。


霊感が絶え、精神が皮肉の雪に覆われ悲嘆の氷に閉ざされるとき、20歳であろうと人は老いる。


頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、80歳であろうと人は青春にある。


渋谷の東急ビルのキャッチコピー、こんな思いを抱かせる文章だった。


いいな、たまにはこんな巨大なキャッチコピーを見るのもいいもんだ。


じゃあ、自分もまだ青春だな。


10代じゃない私は気分が少し嬉しくなった。


212日バレンタインデイ粉砕デモが行なわれた。




モテない人の明るい未来を築き上げるべく、非モテ同志の連帯を呼び掛けてきた革命的非モテ同盟が、バレンタインデー粉砕と恋愛資本主義反対を訴えた。


今年で9回目。


「バレンタインデー粉砕!」


「お菓子メーカーの陰謀に踊らされるな!」


「モテない人間をバカにするな!」


「もらったチョコの数で人間の価値を計るな!」


おっいいね。


なかなか面白い。


日本ではなかなかこんな抗議デモは見られない。


いいんじゃない。


 ★バレンタインデー粉砕デモへの苦言 届く声で批判するという社会運動の流儀


http://bylines.news.yahoo.co.jp/tsunemiyohei/20160214-00054408/




ただ、バレンタインデイも商業主義や恋愛至上主義とも随分とかけはなれてきた。


新聞のバレンタイン記事の変遷を見てみよう。


19792 10  毎日新聞


翔んでる女性が大はやりのこの時代に「一年に一度、女性から愛を告白できる日」が必要なのか--といえば疑問視する向きも多いが、ともかく十四日はバレンタインデー。幼稚園児からOLまでが、チョコレートの贈り物に思いを託す。で、各デパートとも"愛の告白"につながる商品にチョコレートをつけてのアイデア合戦。本当に胸をときめかしているのは、この日を"アキナイ"にする商人さんたちかも?!


20102 11 朝日新聞


3世紀に殉教したローマの司祭、聖バレンタインの記念日。世界各地でこの日、恋人が互いに贈り物をして愛を誓い合う。日本では、神戸市の洋菓子メーカー「モロゾフ」が1931(昭和6)年、商品カタログでチョコを「愛の贈物(おくりもの)」と紹介したのが始まりと言われている。モロゾフの広報担当者は「女性同士で贈り合うケースも増えています」と話す。


20172 2  日経新聞


百貨店の松屋はバレンタインデーのチョコレートに関する意識調査の結果をまとめた。自分用のチョコレートを購入する人は20 40歳代の独身女性で7割に上り、予算は本命の相手へのチョコレート( 3687円)を上回る4375円だった。


チョコレートの予算総額は平均約12 千円。勤め先の同僚への「義理チョコ」について聞いたところ、予算は1個あたり922 円。一方で女友達に渡すチョコレートの予算は1170円・・・。


新聞を見るとバレンタインデーは『告白する日』から『チョコレートを介したコミュニケーションの日』へと変わってきているのがわかります。


チョコレートは手軽に配れるアイテム。男女関係なく、感謝の気持ちを伝えるきっかけとなっているみたいです。


バレンタイン抗議デモをした諸君‼︎


少し時代に遅れてるかもよ。


バレンタインの日に自分チョコに高価なチョコレートを買って頭を休めた方が良いのかも


今季最強寒波の影響で、週末は、全国的に、この冬1番の寒さだそうです。




ほんと寒いのも嫌なものです。


日曜の最低気温は、東京でも氷点下の予想。


へえっ!


氷点下ですか。


名古屋など太平洋側でも雪が降り、新幹線など交通機関に影響が出る恐れ。


天気予報では日本付近には「今季最強寒波」がやってきてるそうです。


特に15日の日曜日には寒波「氷点下の冷え込み」になるところがあちこちでそうだとか。


今季最強寒波、寒さのピークは14日15日

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170113-00000832-fnn-soci


お出かけにはかなり厚着をしないと寒くて風邪をひきそうです。


十分注意して下さい。




ところで、東京で一番気温が低くかった日をご存知ですか?


気象庁の観測によると東京では1876年( 明治9 )から本格的な観測が行われています.


観測史上、最高気温は2004年( 平成16 ) 720 39.5 ,最低気温は1876 113日の -9.2です。


142年前の今日1876 1 13 日,東京で観測史上最も低い気温-9.2 が観測されました。


気象庁のサイトから東京の最低気温ランキングベスト10をあげると,次のようになります。


 1 1876/01/13    -9.2

 2 1885/01/14    -9.1

 3 1927/01/24    -8.6

 4 1876/01/12    -8.6

 5 1881/01/13    -8.4

 6 1885/01/21    -8.2

 7 1922/01/22    -8.1

 8 1876/01/14    -8.0

 9 1945/02/05    -7.9

10 1901/02/03    -7.9


10位までの中に1876 112 14日の3日間が含まれています。


1876年の1 13日はそうとう寒かった日だったようです。


最低気温ランキングベスト10はかなり昔のものばかりで、日本の気温は温暖化の現象なのか毎年暖かくなっているように思います。





↑このページのトップヘ