永井隆とヘレンケラー、そして昭和天皇


永井隆とヘレンケラー

昭和2310月、秋の日がもう西にかたむいたころ、その人は現れました。

その人とは、三重苦を克服した偉人として世界的に有名になっていたヘレン・ケラーさんでした。

三重苦とは、目が見えず、耳が聞こえず、口で話すこともできない障害のことです。

ヘレン・ケラーさんは、とても努力して、障害を克服し、自分のように障害をかかえている人々を励ますために、世界中を訪問していたのです。

ヘレンさんは、家の前のほそい石だたみの道を、隆のまつ如己堂まで歩いてきました。

とちゅう、コスモスのまえで立ちどまると、ピンク色のコスモスを一輪手おって、それをもって如己堂のガラス戸の前に立ちました。

ヘレンさんはこのとき六十九歳、青い目をした、温かな笑みをうかべる婦人でした。

隆は低いベッドからすべり落ちて横になったまま、たたみ一枚をへだてて、ヘレンさんに手を差し伸べました。

ヘレンさんも手を伸ばして隆の手をさがすのですが、互いに体が不自由なもの同士、二つの手は宙に泳いでいました。

ふたりの手がふれあったとき、温かい愛情のようなものが一瞬、体へ流れこんだように隆は感じました。

ヘレンさんはほほえみながら言いました。

「わたしの心はすべて、今あなたの上に注がれています。」

この一言に隆はヘレンさんの深くあたたかな愛情を感じました。

自ら苦しみ、泣いたものでなければ、他人を心からいたわり、なぐさめ、元気づけることはできません。

ヘレンさんは隆にちょくせつ語りかけるために、不自由な体にもかかわらず、地球の向こう側のアメリカから、長崎のこの如己堂までやってきたのです。

隆は、ヘレンさんに真実の愛情を感じました。

隆が家族を紹介すると、ヘレンさんはにっこりとしながら、そばにいた茅乃のセーターにコスモスをさしました。

ヘレン・ケラーのさんの訪問は、隆たちを感動させ勇気づけました。

そして、心あたたまる平安のひとときと忘れられない思い出を残しました。

「本当の平和をもたらすのは、ややこしい会議や思想ではなく、ごく単純な愛の力による」(永井隆著『いとし子よ』)

ヘレン・ケラーさんのように、「互いに愛し合う」という行ないが人々の心をひとつにし、平和をつくっていくのだと隆は強く感じたのでした。

『永井隆 平和を祈り 愛に生きた医師』(童心社)

永井隆と昭和天皇

昭和天皇は昭和24年5月27日に永井隆博士を見舞われました。

永井博士は感動に咽び泣いたそうです。

「どうです、ご病気は?」  

 昭和天皇は、ベッドのすぐ近くまでお寄りになり永井隆博士をいたわられた。この永井隆博士は、放射線医学の研究家で、原爆で愛妻を亡くし、自らも重傷を負いながらも「己の如く隣人を愛する」という精神のもと救護活動にあたった人物である。その後、被爆による骨髄性白血病で倒れ、病床で『この子を残して』を執筆し一躍世に知られた。巡幸日程が組まれた当初、永井博士は長崎医大附属病院屋上で昭和天皇をお迎えすることになっていたが、容態の悪化を侍従から聞かされた昭和天皇が屋内で出迎えてもよいと指示されたという。  

 「あなたの書物は読みました」と昭和天皇がおっしゃると、博士は『この子を残して』に登場する子どもたちを振り返って「これが本の中に出てくる子どもですよ」と紹介した。昭和天皇は、子どもたちをしばらくご覧になった後に、「しっかり勉強して立派な日本人になって下さいね」とお声をかけられた。  

 最後に昭和天皇は、博士の主治医影浦教授に「博士の治療を頼みますよ」と言い残され病院を後にされた。博士は「うれしかったですバイ」と感動にむせび泣いたという。この時の印象を博士は後に「天皇陛下にお会いして」という手記に次のように記している。  

「私はあの細やかな心遣いをして、どんな小さなものでも、いたわられる愛情と御態度こそ、今の私達日本人が、毎日の生活にまねをしなくてはならないと思う。今日本人はお互いに分離しているが、陛下がお歩きになると、そのあとに万葉の古い時代にあった、なごやかな愛情の一致が、甦って日本人が再び結びつく