NHK朝の連続ドラマ『エール』では木枯(野田洋次郎)はレコーディングで自分の思ったようにならず不機嫌な様子。裕一(窪田正孝)を連れて気晴らしに夜のカフェーを訪れる。


女給たちの接客を受けて動揺する裕一だったが、木枯は「大衆が求める歌を作るには、大衆を知らなきゃ始まらない」と話し


5003



カフェーで女給の接待?


昭和の初期、カフェーは現在の珈琲を飲むだけのカフェではなく、男たちを接待するための水商売、現在で言うとキャバレーやキャンパスパブのような仕事だったようです。


現在のカフェとあまりにも違い過ぎるのでカフェーの歴史を概略します。


銀座とカフェー


1911(明治44)年、銀座には「カフェープランタン」「カフェーライオン」「カフェーパウリスタ」と、カフェの開店が相次いだ。「カフェープランタン」は日本初のカフェといわれ、フランスのカフェに倣い美術家や文学者の社交の場として開業、当初は会員も募り、洋画家の黒田清輝、岸田劉生、作家の森鴎外、永井荷風、谷崎潤一郎などの文化人が名を連ねた。写真は「カフェープランタン」の内部の様子。「カフェーライオン」は「精養軒」経営、「カフェーパウリスタ」ブラジル産の珈琲を提供した。


■ 夜のカフェー


「関東大震災」後頃から、女給(ホステス)が接待する形態のカフェ(以下「カフェー」)も誕生(のちにキャバレーなどに発展する)。


昭和に入ると大阪資本の大型「カフェー」が銀座に進出、派手なネオンが輝くようになった。


「銀座会館」「クロネコ」「美人座」などの店名が明るく夜空に輝いていた。


「銀座会館」は大阪の「カフェー」で成功した榎本正が1930(昭和5)年、東京・銀座に進出した最初の店で、その後、銀座でもいくつかの「カフェー」を開店している。


1930(昭和5)年頃には銀座に約140軒の「カフェー」があり、うち女給が50人以上の大型店も10軒以上あったという。


一方、銀座の純粋な喫茶店は、1935(昭和10)年を境に「純喫茶」であることを鮮明に打ち出すようになった。


「カフェープランタン」は、この年に「カフェー」の文字を排し、「茶房 ル・プランタン」としている。


カフェーは夜の接待業、珈琲店は純喫茶と呼ばれ別れるようになったんですね。


それが、現在では接待業のカフェーがなくなりカフェと純喫茶は、ほとんど同じようになったみたいです。


当時、カフェーの女給はいろいろと問題になっていたようで、『女給』と言う映画となり奥様方の話題となっていたとか。


『女給』映画


この当時のカフェーをとりあげた小説としては、昭和五年、半年余りに亘って『婦人公論』に連載された広津和郎の『女給』が大きな反響を呼び、映画化された上、その主題歌が大ヒットしています。


映画のポスターです。


5003



なんとなく妖艶な女給の感じが伝わってきます。


■ 女給の唄


歌: 羽衣歌子

作詞:西條八十

作曲:塩尻精八


わたしゃ夜さく 酒場の花よ

赤い口紅 錦紗のたもと

ネオン・ライトで 浮かれて踊り

さめてさみしい 涙花


わたしゃ悲しい 酒場の花よ

夜は乙女よ 昼間は母よ

昔かくした 涙のたもと

更けて重いは 露じゃない


弱い女を だまして棄てて

それがはかない 男の手柄

女いとしや ただ諦めて

辛い浮世に 赤く咲く


雨が降る降る 今夜も雨が

更けてさみしい 銀座の街に

涙落ちるも 恋しいむかし

偲べ偲べと 雨が降る