何歳になっても、ふと自分の未熟さに気づきいたたまれなくなる日々。


自分は今まで何をしてきたんだろうかと考える。


 そんな時に昔の故郷の考えたりもする。


未熟だった高校時代の青く苦い青春時代。


楽しかった思い出より、いやでいやで堪らない気持ちが強く地方都市から飛び出した自分。


未熟だった高校時代の青く苦い青春時代。


忘れ去ろうと都会で暮らした日々。


しかし、都会でも満たされない毎日の連続。


故郷でも都会でも変わらない自分に気づいた。


学生時代に読んだ本に高野悦子の「20歳の原点」が今だ忘れられない。


「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」という一節から初まる


「人間は完全なる存在ではないのだ。不完全さをいつも背負っている。人間の存在価値は完全であることにあるのではなく、不完全でありその不完全さを克服しようとするところにあるのだ。人間は未熟なのである。個々の人間の持つ不完全さはいろいろあるにしても、人間がその不完全さを克服しようとする時点では、それぞれの人間は同じ価値をもつ。そこには生命の発露があるのだ。」


この言葉を噛み締めている。


ああ、完全なる人間にはなれないんだな。


やっぱり。


人間出来ることしか出来ないし、そこにあるものしか掴めない。


なんだかもやもやな気分が晴れた。


今日も頑張ろうか。


ひとり自分に呟いていた。