NHK連続ドラマ「わろてんか」の主人公てんのモデルは吉本興業の吉本せいです。




ドラマは現在、大正5年( 1916年)。


藤吉は二軒目の寄席を探し始めたところです。


いろいろとドラマは進んでいきましたが、実際の上方落語の歴史をみながらドラマかどんな風にながれてきたのかみてみたいと思います。


上方落語の歴史


1774年(安永元年)から1789 年(天明末年)まで、上方落語の小咄本が多く発行されていました。


これらは、大阪の神社の境内など屋外で披露されていたもので、当時、大阪において文化人が中心となって、一般から新しい小咄を募って、大阪庶民による素人咄の会が流行したことで、その咄をまとめた書物がほとんどです。


その後、1794年(寛政 6年)には、大阪に初代桂文治が登場しています。


桂文治は大阪の坐摩神社の境内のなかに落語用の小屋を建てて、そこで大阪の庶民を相手に落語を連日のように演じるようになりました。

坐摩神社での落語の公演が、大阪の寄席の始まりといわれています。


桂文治は、落語のほかにも囃子鳴物入りの芝居噺も演じており、大阪の庶民の間で一躍有名になりました。


この初代桂文治が現在まで残る「桂」を称号する落語のルートとなっています。


幕末になると、上方落語が繁栄期を迎えることになり、称号も「桂」のほかに「笑福亭」や「林家」「立川」というような現在まで続く一門が並立するようになりました。


この頃、一門が上方落語でしのぎを削ることで、噺の世界は一気に発展を遂げることになります。明治時代に入ると「立川」が姿を消すことになり、残りの三派により上方落語の黄金時代を築いていきます。


現在、上方の古典落語として噺家たちの間で披露される小咄の多くはこの頃につくられてものです。


1874年(明治7年)に桂文枝の死後、二代目襲名をめぐる争いが生じて、「桂」から「月亭」という別派が登場しました。


この襲名闘争がきっかけで上方落語界では、さまざまな派閥が離合集散します。


明治中頃に入ると上方落語界はまたしても黄金時代を迎えます。


月亭派と文團治派、笑福亭派の合流により結成された「難波三友派」と「桂派」が二大派閥として頭角していました。


二派の争いは明治の終わりまで続きます。桂派は次第に三友派に吸収されて二派の争いは終焉します。


しかしその三友派ものちに大阪で頭角した新興芸能である漫才の勢いに押されて、寄席の中心を追われてしまうことになりました。


この新興芸能の流れを作ってきたのが、「わろてんか」主人公てん、吉本せいのいた吉本興業になるわけです。


今日もゆっくり「わろてんか」を楽しみましょうね。