NHK連続ドラマ「わろてんか」では落語家の大御所・文鳥に俳優笹野高さんが演じた「時うどん」の落語、お上手でしたね。




落語「時うどん」では江戸時代の時刻が大切なキーワードになっていましたが、うどん屋のおじさんはなんで時刻を知っていたのでしょうか?


現代のように腕時計があるわけでもなし、スマホを持っていたわけでもないのに不思議ですね。


江戸時代はどうやって時刻を知ったのか?


ご~ん  ご~ん ご~ん


ご~ん ご~ん ご~ん


これです、この音。


鐘の音です。


江戸時代には「時の鐘」がありました。


鐘の音を聞いてうどん屋は時刻を知っていたのです。


毎日、どんな時も時刻を知らせてくれる江戸時代の「時の鐘」って凄いです。


時の鐘


当時の時報の中心的な手段は時を知らせる鐘に「時の鐘」がありました。


「時の鐘」には「城の鐘」・「寺の鐘」・「町の鐘」と複数の種類があって、昼夜を通して報知がなされていました。


「城の鐘」は、城内の櫓時計などの和時計を利用して、決まった時刻に太鼓や鐘で城に従事する役人に政務時間を知らせていた鐘です。


「寺の鐘(梵鐘)」は、香盤時計やその他の和時計を用いて仏事や勤行のために寺院で鳴らしていた鐘で、最初一日に3回鐘を撞いていました。(明け六つ・昼九つ(正午)・暮れ六つ)。


江戸では江戸城を囲む9ヶ所のお寺や町中、地方では京都・大坂・長崎などの主な城下町にあって、最初は幕府管轄の時報制度を取っていましたが、間もなく市民のための鐘となり、一刻に一回の報知がされておりました。


この時報システムが時代のニーズに伴い、市民が規則正しい生活するために、全国に拡がって行った事は、その時代の画期的な出来事であったと思われます。


松尾芭蕉


「花の雲、鐘は上野か浅草か」


「時の鐘」は、江戸に暮らす庶民の生活のリズムを刻む鐘として、必要不可欠な要素になっていた様です。




現代では川越市に残っている「時の鐘」が良く知られていますね。