横浜中華街(神奈川県横浜市中区)で中国の旧暦のお正月(旧正月)を祝う2017年の「春節(しゅんせつ)」が始まりました。




2017年横浜中華街春節


http://www.chinatown.or.jp/event/celebration/201610_03/ 



中華街は凄い人混みです。




日本の元旦にあたる「春節」当日に伝統の獅子舞「採青(ツァイチン)」。


「採青」というのは、「青菜を採る」という意味のようです。


青菜が獅子の大好物だそうで、お祭りのときは店の前の高いところにぶら下げられます。


今は青菜のかわりに紅包(ほんぱお)という赤い祝儀袋がぶら下げられるみたいです。





各店の富貴吉祥や商売繁盛、五穀豊穣を願って白や黄色などの5頭の獅子が、各店舗一店一店を周り獅子舞が披露されました。




お店の前で獅子は舞を踊り、店の中へ、そして店から出て最後にまた、舞を踊る。





獅子舞の周りは人でごったがえしています。


スマホのカメラがあちこちで獅子舞に向けられ、もの凄いことになっています。


中国語の会話や英語の会話があちこちで聞こえます。


賑やかな爆竹や、銅鑼・太鼓の音が鳴り響き、横浜中華街全域が華やかな「春節」独特の雰囲気に包まれました。




爆竹は、「邪気を祓い、福をもたらすもの」で、獅子舞と共に爆竹を鳴らすとご利益が何倍にもなるそうですが、うるさいだけでなく、けっこう煙も出ます。


中華街の春節は店の人も観光客も楽しみなお祭りです。


2階の窓から獅子舞をスマホに撮る、店のおじさんの表情がなんとなく面白い。




おじさんが赤い紅包をぶら下げて獅子が来るのを待っています。


ぶら下げられた赤い紅包。




 


下に獅子が来たみたいです。




おじさんも周りの観客も一斉にスマホで写真。





おっと、獅子が伸び上がった。





獅子が赤い紅包、祝儀袋を取りました。




大満足な獅子の嬉しそうな顔‼︎





颯爽と獅子は次の店へと向かいます。


横浜中華街は春節のお祭り真っ只中でした。