3日よりスタートした新しいNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」。


image


新朝ドラ「べっぴんさん」ヒロイン女優には難病を乗り越えた過去も…素顔に迫る
ヒロインは19歳の女優・芳根京子だ。

亡き母の思いを受け継ぎ、刺しゅうに打ち込むヒロインの坂東すみれ。

順風満帆な暮らしを戦争で失ったすみれは、生きるために子ども服作りにまい進していく物語だそうです。

ドラマのすみれちゃん、無口でおとなしそうですけど、悪戯好きです。

刺繍や靴作りに興味シンシン、なんでも知りたがりさんですね。

すみれお嬢さんも女学生になり、みんなで遠足に行くシーンがありました。

友達と囲んで食べる弁当は

あれ?

御飯の真ん中に梅干し1っ個

日の丸弁当でした。

戦時中なんですね。



image


★日の丸弁当

日の丸弁当は、ご存知の通り、弁当箱に詰めたご飯の中央におかずとして梅干し1個だけを乗せたもので、日本の国旗のデザインに似ていることからこの名があります。

日の丸弁当は、戦前からありましたが、特に戦時中、毎月1日に設定されていた「興亜奉公日」の食事に奨励されたことで知られており、戦時中の代表的な食べ物のひとつと考えられています。

興亜奉公日というのは、国民精神総動員運動の一環として、1939年9月から1942年1月まで実施された生活運動です。

この日は、戦場での兵隊の苦労を偲んで、日の丸弁当だけで質素に暮らすことが奨励されました。
日の丸弁当が奨励されたのは、特に小学校・中学校で、学校に通う子供たちは、昼食に日の丸弁当を持参しました。

陸軍省では、毎月7日を「日の丸デー」と定め、7銭の日の丸弁当を売って恤兵(じゅっぺい、=戦地にいる兵士のために金銭や品物を贈って慰問すること)の費用を捻出しました。

鉄道の駅弁もやがて、日の丸弁当のみに制限されるようになりました。

日の丸弁当の外観は、最初に述べたように日本国旗のイメージに重なるため、愛国弁当としても意味づけられました。

戦時中は特に、愛国心を煽るために、「日の丸弁当」と呼ばれたといいます。

かくして、「日の丸弁当」の名は、国民精神総動員のスローガン「欲しがりません、勝つまでは」とともに戦時中の流行語にもなりました。

★「とと姉ちゃん」の続き?

ちょうど花森安治が大政翼賛会の宣伝部が「日の丸弁当」を推奨したんでしょうか。

ほんとうに神戸の女学生がみんな日の丸弁当食べる姿はなんだか不思議ですね。

でも、育ち盛りの女学生は日の丸弁当だけでは足らないでしょう。

★日の丸弁当の思い出

戦後も日の丸弁当、持って来ている人結構見かけますね。

御飯に梅干しは相性がいいのでしょう。

わたしの小学校の遠足が日の丸弁当でした。

昼に学校から生徒全員に御飯に真ん中に梅干し。

えっ、これだけ?

と思っていたら鯨の缶詰も配られました。

今は、もう食べられることもない鯨の缶詰です。

日の丸弁当に鯨の缶詰、美味しかったな。

日本人にとっては日の丸弁当は、今後も思い出になるんでしょうね。